takukayoの写真展

二人の思い出と写真と動画編集のやり方を書くブログ

遂に発表!「70-180mm F/2.8 Di III VXD(Model A056)」詳しいスペックは?

こんにちは、takuです。

 

タムロンが、Eマウント用の軽量コンパクトな大口径望遠ズーム「70-180mm F/2.8 Di III VXD(Model A056)」を正式に発表しました。

詳しくスペックをまとめてみました。

 

 

 

 

2020年4月7日株式会社タムロンはソニーEマウント用レンズ「70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)」を発表しました。

新型コロナウイルス感染症の影響に鑑み、2020年5月14日に発表します。

先行する大口径ズームレンズ「17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)」、「28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)」とともに、タムロンのフルサイズミラーレス用大口径F/2.8ズームレンズ3本が揃うことになります。

この3本を保有してればほぼ撮りたい写真が撮れます。

 

 

f:id:takukayo:20200408203007j:plain

 

特徴

軽くコンパクトなレンズボディ

徹底的な携行性・利便性向上を図るため、望遠側焦点距離を180mmにした事で、開放F/2.8通しの明るい高性能レンズでありながら驚異的な小型・軽量サイズになっております。

フィルター径φ67mm、最大径φ81mm、長さ149mm (70mm時)、重量810gになっております。

 

 

タムロン史上最高レベルの高速・高精度AF

 タムロン初となるリニアモーターフォーカス機構VXD搭載しました。高速で動作するとともに、髪の毛1本分の1/10以下である0.005mm単位で位置精度を確保します。また動画撮影についてもリニアモーターは従来の駆動方式と比べてAF駆動時の振動が発生しにくく、モーター音が静かなため、静かな環境下での撮影にも最適です。

 

高い解像度

レンズ構成は14群19枚。XLDレンズとLDレンズをあわせて6枚、GMレンズと複合非球面レンズをあわせて3枚使用。特殊硝材レンズを贅沢かつ適切に配置することで、画面の中心から隅々に至るまで色収差を抑制した写りと非常に高い解像性能を発揮します。

 

 

最短撮影距離0.85mを達成

望遠ズームレンズとしては驚きの0.85mです。

最短撮影距離が短いことから、特に望遠端180mmにおいては、最大撮影倍率1:4.6の迫力ある撮影が可能になります。

 SONYの純正レンズFE 70-200mm F2.8 GM OSS G Masterが0.96mであることからタムロンレンズの最短撮影距離が短いことが分かります。

 

価格が安い

メーカー希望小売価格
150,000円(税抜) になります。店頭販売価格は予想ですが12~13万円となると思います。

SONY純正レンズ

FE 70-200mm F2.8 GM OSS G Master 30万円前後

FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G 14万円前後

 

と焦点距離やF値の違いはありますが、安いことが分かります。

 

 

まとめ

昨年から話題になっていたレンズが遂に発売しますね。撮影焦点距離を他のメーカーが出している200mmではなく180mmにすることで、ミラーレス一眼でも使いまわしがしやすい作りにしたと感じました。

海外のサイトではAF性能が良いとレビューが書いておりこの辺りも期待したいですね。

私も予約したいのですが、今の所使う用途を考えたら無いので見送られていただきます。

購入するよ!って方いたらコメント下さい。

 

過去に多くの人から読まれている記事

 

www.takukayo.info

 

 

www.takukayo.info

 

 

www.takukayo.info

 

 

 

是非読者ボタン押してもらえると喜びます。

  

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへブログランキング・にほんブログ村へ

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』