takukayoの写真展

二人の思い出と写真と動画編集のやり方を書くブログ

【初心者必見】カメラの露出とは?コントロールすれば写真生活も楽しくなる

こんにちは、takuです。

 

今日は、カメラの露出はどうやって決めてるの?と質問を頂きましたので答えていきます。

 

 

 

 

露出とは?

カメラの「露出」とは、カメラのイメージセンサーに充てる光の量を調節し、撮影する写真や映像の明るさをコントロールすることです。

例えば、露出を調整することで、明るい屋外でも暗い写真や、夜の室内のような暗い場所でも明るい写真にすることもできます。

どのようにコントロールするかは、以前記事にしたこの三つを見たら分かります。

 

 

www.takukayo.info

www.takukayo.info

www.takukayo.info

 

 

カメラの「適正露出」について

今のデジタル一眼レフには自動露出計がついており、カメラが「適正」だと判断した露出を適正露出と言います。

 

スマホで写真撮ったので少し分かりづらいですが、M.Mがカメラ内での自動露出計になります。

0.0が適正露出になり、プラスにいくほど露出が明るいことを示します

逆にマイナスにいくほど、露出が暗いことを示します

 

シャッタースピードを見てもらいと分かりますが、

露出が+1.0では1/3

露出が-1.0では1/13

とシャッタースピードが遅くなるほど光を多く取り込めるため、露出は明るくなります。

 

f:id:takukayo:20200323201630j:image

f:id:takukayo:20200323201636j:imagef:id:takukayo:20200323201639j:image

 

 

マニュアルで撮る時には

上のように今のデジタルカメラでは自動露出計が付いてますので、基本的には0.0になるように露出の三角形を調整しましょう!

 

ですが、露出が0.0の写真がいい写真だとも言い切れません。

 

同じ花でも露出が違うだけで見え方が変わってくると思います。

 

明るい写真だと、優しくキラキラした印象を受けると思います。

f:id:takukayo:20200310205201j:plain

逆に露出を下げた写真を、凛して美しい印象を受けます。

f:id:takukayo:20200224001613j:plain

 

 

ポートレートも同じように顔を露出を合わせて撮ってます。

 

一枚目は、太陽が真後ろにあり顔に露出を合わせると背景は白トビしていまいます。

f:id:takukayo:20200303193718j:plain


逆に二枚目は、太陽側に露出を合わせたため全身は黒つぶれをおこしてます。

f:id:takukayo:20200310205220j:plain

 

このように、適正露出を被写体か、背景に合わせるだけでも写真の表現が変わってきます。

 

 

まとめ

カメラの「露出」とは、カメラのイメージセンサーに充てる光の量を調節し、撮影する写真や映像の明るさをコントロールすることです。

今のデジタル一眼レフには自動露出計がついており、カメラが「適正」だと判断した露出を適正露出と言います。

適正露出(0.0の状態)を基本として撮ろう!だが、適正露出だけが正解ではない。

あえて暗くして明暗差を出したり、明るく撮ることで優しい感じに撮るか考えるといっぱいアイデアが出てきますね。

 

 

 

過去に多くの人から読まれている記事

 

www.takukayo.info

 

 

www.takukayo.info

 

 

 

是非読者ボタン押してもらえると喜びます。

  

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへブログランキング・にほんブログ村へ

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』