takukayoの写真展

二人の思い出と写真と動画編集のやり方を書くブログ

【初心者必見】同じ写真でもホワイトバランスを変えるだけで写真の雰囲気がガラッと変わる!

こんにちは、takuです。

 

今日は、初心者必見のホワイトバランスで写真がどうゆう風に変わるのか解説していきます。

 

 

 

 

ホワイトバランス

ホワイトバランスとは、撮影環境での光の色の影響を補正して、白を白く写すための機能です!

人間の目では屋内でも野外でも白は白に見えますが、カメラの場合だと蛍光灯、白熱電球、晴れた日の太陽光、曇り空の下など、
実は光源によって光の色合いは少しずつ違います。

それぞれの光源の下で白い紙を撮影すると、
その紙は白は白でも「赤みがかかった白」「青みがかかった白」など違う白に写ります。
ホワイトバランスの設定値を調整することで、この色の違いを補正して白を白として写すことができるのです。
 

色温度

光源の色合いは、色温度で表されます。
色温度とは、光の色を数値で表したもの ( 単位:K ケルビン ) で、光源自体の温度ではなく、光の色を人間の目に見える感覚に置き換えて表した数値のことです。
一般的に昼間の太陽光は 5500K、白熱電球は 3000Kといわれています。色温度が高いと青っぽく見え、低いと赤っぽく見えます。

 

f:id:takukayo:20200322124017j:plain

 

 

オートホワイトバランス

カメラの中には、シーンを判別してホワイトバランスを自動で調整してくれる、オートホワイトバランス機能が備わっています。カメラの初期設定ではオートホワイトバランスになってます。

ですが、オートホワイトバランスで撮っていても思い通りの色にならない事もあります。

その際は、カメラ内に内蔵されているプリセットで設定を変えてみましょう!

一般的に「AWB」「太陽光」「日陰」「くもり」「電球」「フラッシュ」などの項目がありますので、その状況に応じて変えましょう。

 

 

 

 ここからが本題です。

 

ホワイトバランスを変えるだけで写真の印象がガラッと変える方法

 

ホワイトバランスとは、本来は白を正しく認識させるためにありますがその目的以外にも使ってもいいと思ってます。

例えば、夕焼けの色合いをもっと暖かみがある色にしたと思った時に、色温度を高く設定し赤味を出すことで暖かみがある作品にできます。

 

f:id:takukayo:20200322124501j:plain

 

逆にホワイトバランスを下げることで青味が増し、クールな表現になると考えてます。

同じ写真ですが、ホワイトバランスを変更しただけで違った印象の写真になりますね。

 

f:id:takukayo:20200322124706j:plain

 

 

 

また別の写真でも

f:id:takukayo:20200322131041j:plain

↑6000K

↓3500K

f:id:takukayo:20200322131111j:plain

 

花の写真ですが、好みの問題もありすが、下の3500Kで撮った写真の方が私は好きです。

 

RAWファイルなら現像時ホワイトバランス変更できる

実は、撮る際にカメラ内でホワイトバランスを設定して撮るのですが、RAWファイルで撮ったら、あとあと編集する際に、ホワイトバランスは容易に変更できます。

ここで説明すると長くなるので、JPEGとRAWファイルの違いはまた別の記事にします。

 上二つの写真を自分なりにホワイトバランスをいじってみました。

 

f:id:takukayo:20200322133232j:plain

f:id:takukayo:20200322133236j:plain




 

まとめ

ホワイトバランスを自在にコントロールして自分が出した色を出そう。

もちろん、ホワイトバランスは、色の違いを補正して白を白として写すことが目的ですが、場合によっては、写真の表現を広げる為に使うこともできます。

最初は、カメラ内にあるプリセットを利用するのがいいと思います。

 

 

 

 

過去に多くの人から読まれている記事

 

www.takukayo.info

 

 

www.takukayo.info

 

 

 

是非読者ボタン押してもらえると喜びます。

  

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへブログランキング・にほんブログ村へ

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』