takukayoの写真展

二人の思い出と写真と動画編集のやり方を書くブログ

APS-Cからフルサイズに乗り換えたきっかけ

こんにちは、takuです。

 

今日は、APS-Cからフルサイズ機に乗り換えた理由について書いていこうと思います。

 

 

フルサイズを買った経緯までの道

まず、α7ⅱ買うまでに私が買ってきたカメラについて軽く話したいと思います。

 

最初に買ったカメラは、CANONのPowerShot S120になります。

その当時私が、18.19歳の頃でスマホの写真も今より全然綺麗じゃなく、旅行先で綺麗に撮りたいからデジカメが欲しいと探してた所この一台に巡り合いました。

当時はカメラの知識はまったくなく、F値が低いほどボケる写真が撮れるとネットの記事を見て買った記憶があります。

とてもコンパクトでいろんな所も持ち歩いて撮ってました。

今思うと、いきなりでかい一眼レフカメラではなくコンパクトデジカメを買ったからそこ写真にハマったんだなと思います。

 

そこで、写真にハマった私は、イメージセンサーが大きいほど、高画質でボケやすいとまたネットの記事を見て、上のグレードが欲しくて、一年で新しいカメラを購入してましたw

 イメージセンサーについても書いてますので是非↓

www.takukayo.info

 

二台目に乗り換えたカメラは、CANONの EOS Kiss X7i です。

 レンズは標準ズームではなく、F値固定のズームレンズでは、シグマ 17-50㎜ F2.8

を購入してました。今でもこの判断は良かったと思ってます。

ここから私が本格的にカメラにハマっていきます。

 

レンズは中古でもあまり値落ちしないことを良いことにして

レンズも5本以上は買いは売り、買いは売りみたいなのも繰り返してましたね。

SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM キヤノン用 APS-C専用 583545

SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM キヤノン用 APS-C専用 583545

  • 発売日: 2010/06/11
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

3.4年は使い倒し、機能面やフルサイズの憧れも出てきて購入することになりました。

 

 

 

私が乗り換えたいって思った理由

 

 

1.フルサイズに憧れがあった

単純にフルサイズを使ってみたい。と思ったからです。

カメラはある程度やった人なら分かると思いますが、『フルサイズを買えば今よりももっとすごい写真が撮れるはず!』と思ってる方はいるはずですww

私もその一人でした。(実際はそんなことないですが)

でも、プロや私が写真上手いこんな写真撮ってみたいと思った人は、95%の方はフルサイズを使っているのも事実です。

 

 

2.高感度に強いカメラが欲しいと思ったから

私が一眼レフカメラにハマったきっかけは天の川を撮り始めてからです。そこで写真を撮っていく内にもっとノイズの少なく綺麗な写真を撮ってみたいと思い始めました。

そんなときにブログや、ネットの記事でセンサーサイズが大きい方がより高感度ノイズに強い傾向があることを知りました。

星景写真のほとんどがフルサイズで撮られてることをしりフルサイズがますます欲しくなってました。

 

 

3.もっと広角で撮りたいと思ったから

APS-Cカメラを使って思ったことは、私が使う用途は望遠より広角だと思ったことです。これは実際に使わないと分かりませんが、私は広角で撮ることが増えてました。

フルサイズだとより広角で撮れるので乗り換えるきっかけの一つです。

f:id:takukayo:20200321103834j:plain

 

実際にAPS-Cカメラで撮った写真ですが、フルサイズ換算だと28㎜になります。

ISO感度もそこまで上げてなくてもザラザラ感が乗ってるのが分かります。

 

 

4.レンズの本数が豊富なフルサイズにいきたかった

その当時一般的にはフルサイズ用のレンズが豊富でAPS-C用レンズはあまりありませんでした。

私は広角レンズが欲しかったのですが、例えばフルサイズでは20㎜の画角でもAPS-Cにつけると、30㎜の画角になり広角レンズではなくります。

そのためフルサイズを買いそのままの画角で使用したいと思いフルサイズに乗り換えました。

※注意点

 現在APS-C用レンズを使用の方はフルサイズで使えませんのでそこが注意です。

 もっと詳しく言うと、使えることは使えるが四隅がケラリ写真として成り立たないです。

 

他にも細かいところで言うと、後幕シンクロが使えなかった、AFポイントが少なかった、マニュアルレンズを使用したときにピントが合わせにくいなどなど他にも不満が出てきたころ合いでした。

 

 

なぜα7ⅱを購入したのか?

 

 

一番は、値段がフルサイズなのに安かったからですw

当時の価格で現在の価格とほぼ変わりませんが、13万円ぐらいだったと思います。

フルサイズでこの価格は非常に魅力的で

当時の選択肢としは、キャノンの6DかSONYのα7ⅱの二択でした。

一眼レフかミラーレス一眼か非常に迷ったのですが、性能や機動性の良さ(重さ)を含めたときに、ミラーレス一眼に乗り換えようと思いました。

 

実際に乗り換えてみて

SONY α7ⅱの後継機のα7ⅲにすればよかった(大幅な性能アップ)と少しは後悔したこともありましたが、今のところ不満はないです。

また年を重ねて自分自身の変化など様々な要因で使う用途が変わってまた今のカメラではどうしても撮れないと思ったら新しいカメラに乗り換えると思いますが、今のところは大丈夫です。

 

フルサイズの乗り換えて、レンズの幅も広がりまた高感度も前のカメラに比べて強くなったので、撮影の幅も広がりました。

f:id:takukayo:20200308114501j:plain

 

 

いつかは私もフルサイズに思ってる方へ

この記事をご覧になってる方はフルサイズに乗り換えを検討してる人がほとんどだと思います。

私が実際に乗り換えて思ったことは、今現状のカメラで撮ることができないのか?そのカメラの性能を100%使いこなしたのか?もう一度確認してみて下さい。

私はAPS-Cのカメラを使いこなし、露出の三角形などのそのカメラを通して学びました。

ただフルサイズが欲しいと漠然とした考えで購入すると後悔すると思います。

お金が有り余るほどある方は別ですが、カメラの値段もあがり、ボディが大きく重くもなります。またレンズもフルサイズ用のレンズだと大きくなり価格も格段と高くなります。

ただ高性能のカメラがほしい、フルサイズだからきれいに撮れると思うのではなく、今のカメラでは撮れない写真があるなど、そのためにどんな性能が必要なのかしっかりと考えて選ぶと後悔しないと思います。

そんなことばかり言ってますが、フルサイズカメラに乗り換えたことで今まで撮れなかった景色も撮れるようにもなり、カメラライフがますます楽しくなってます。

f:id:takukayo:20200229212321j:plain

f:id:takukayo:20200308133655j:plain

まとめ

今までいろんな経緯があって今のカメラに出会えたと思ってます。

カメラは安い買い物ではないので、しっかり今使ってるカメラで使いこなしそれでも不満が出てから購入すると失敗はないです。

皆さんが気持ちよくフルサイズデビューすることを願ってます。

 

 

 

 

是非読者ボタン押してもらえると喜びます。

  

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへブログランキング・にほんブログ村へ

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』