takukayoの写真展

二人の思い出と写真と動画編集のやり方を書くブログ

マジックアワーを狙って撮ってみた

こんにちは、takuです。

 

 

綺麗な風景を撮ってみたい、いつの時間帯狙って撮ったらいいのかと問われましたので今回はマジックアワーを狙って撮った作例と、共に紹介してきます。

 

 

 

マジックアワーとは

マジックアワーとは、太陽からの光が最高に綺麗に映る時間のことで、日の出の直前と日没直後のわずか数十分の薄明の時間帯のことを指します。

 

 

マジックアワーには2種類あります。

 

ゴールデンアワー

ゴールデンアワーは太陽が地平線から+6度〜−2度の位置ある時間帯です。

日の出:太陽が出始めてから30分間
日 没:太陽が沈みきるまでの30分間

の事を指します。

 

夕方につれて空が、赤くなったりオレンジになってる時がゴールデンアワーになります。

 

 

f:id:takukayo:20200315093911j:plain

 

f:id:takukayo:20200308133655j:plain

 

f:id:takukayo:20200315093948j:plain


空の色が変化し、太陽に照らされている川や海も綺麗に映ってます。
ポートレート撮影でもシルエット撮影にも向いてる時間帯です。

 

 


ブルーアワーとは

ブルーアワーは太陽が地平線から−2度〜−6度の位置にある時間帯です

日の出:太陽が昇る直前までの20分間
日 没:太陽が沈みきってからの20分間

の事を指します。

 

ブルーアワーになると、太陽が見えないので空が濃い青色へと変化していきます

 

 

 

 

f:id:takukayo:20200315095606j:plain

 

 

f:id:takukayo:20200315093933j:plain

 

 

f:id:takukayo:20200315095616j:plain

 

 

 


地平線は赤、空は青という赤と青のコントラストがとても好きでこの時間帯が一番すきな時間帯です。

また雲はまだ太陽の光が当てって鮮やかな赤、オレンジ色になっているのも幻想的ですよね。

 

 

 

マジックアワーに美しい写真を撮るコツ

アプリ等で太陽の日の入り、日の出の時間を確認する。私はこのサイトを利用してます。

各地のこよみ (日の出入り、月の出入り、南中時、月齢) - 国立天文台暦計算室

太陽のほかにも月の月の出入りもわかるのでとても便利です。

 

一面曇り空の時は厳しいが、ある程度雲があっても太陽の光が当たるので諦めないで撮ろう!

 

写真は太陽に向かって撮りましょう。カメラの露出を太陽側に合わせて、シルエット撮影が一番撮りやすいです。

露出の三角形について記事も書いてます。

 

www.takukayo.info

 

 

www.takukayo.info

 

 

www.takukayo.info 

 

太陽が沈み、ブルーアワーに向かうとどんどん暗くなり、手持ち撮影が厳しくなりますので、三脚レリーズもあった方がブレがなく綺麗に撮れます。

 

 

 

 

 

まとめ

 風景写真を幻想的に撮りたい方はマジックアワーだけ狙うだけでも十分だと思えるくらい、綺麗な写真が撮れます。

日中は、ロケハンをしマジックアワーに備えるのもいいと思います。

マジックアワーはシルエット撮影にも向いている。

春から夏に向けて晴れ間も多くなりますので、ぜひ試してみて下さい!

 

 

是非読者ボタン押してもらえると喜びます。

 

 

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』