takukayoの写真展

二人の思い出と写真と動画編集のやり方を書くブログ

とりあえず三分割構図を使えば上手く見える

こんにちは、takuです。

 

今回は、私が1番活用してる構図について解説します。

その前に露出の三角形について書いた記事もありますのでそちらをご覧になった方が理解しやすいです。

 

www.takukayo.info

www.takukayo.info

www.takukayo.info

 

 

 

 

 

 

 

三分割構図とは

三分割法は画面を縦横ともに三分割し、その交点に見せたいものを配置する構図になります。

前回は被写体を中心に置く日の丸構図だったのですが、今回の構図は被写体をあえてずらして撮ることにより、写真に空白でできる為奥行きも感じられまた写真にストーリー性も感じられる写真に仕上がります。

 

 

f:id:takukayo:20200303194823j:plain

 

 

三分割構図は、ポートレートと風景からテーブルフォトにも使える万能構図です。普段撮ってる写真を上の図のように黒の点に合わせて撮るようにしましょう。

基本的なポイントとしては、黒い点に被写体を置くこと。あえて被写体と写真に空間を作ること。

 

三分割構図を実際に写真撮影で使ってみる

f:id:takukayo:20200303213723j:plain

桜の写真ですが、どうして真ん中に桜の木を置きたくなると思いますが、あえてずらすことで左側にスペースができ明暗差を感じられる写真になったと思います。

f:id:takukayo:20200303213739j:plain

星空の写真でも、星を撮った方ならわかると思いますが、星だけだと平面に点が写っているだけ面白みが感じられません。なので自分は前に風景を置きその組み合わせで星空を撮るように心がけてます。その際も三分割構図を多用してます。

f:id:takukayo:20200303213759j:plain

ポートレート撮影でも、真ん中に被写体を置くと集合写真ぽくなるのであえてずらして歩き出す方向にはスペースを開けて撮りました。これから歩き出そうと動きが出出ると思います。

f:id:takukayo:20200303213812j:plain

実際にはきっちりポイントに被写体を置いてるわけではありませんが、だいたいの位置には置くように意識してます

 

まとめ

三分割法は画面を縦横ともに三分割し、その交点に見せたいものを配置する構図になります。

あえて中心からずらして、写真に奥行きとストーリー性を持たせることを意識する。

初心者からプロの人までが使っている基本の構図で、構図に困ったら三分割法を使おう

 

 

是非読者ボタン押して下さい。

 

 

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』