takukayoの写真展

二人の思い出と写真と動画編集のやり方を書くブログ

ズームレンズと単焦点レンズ選ぶとしたら、単焦点レンズがおすすめな理由

こんにちは、takuです!

 

一眼レフを買いたいけど、どのレンズキットを買った方がいいか?とよく聞かれますので私の持論を話していきます。

今回はエントリーモデルのキャノンEOSMで比較していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、いろんなメーカーがありますが初心者がよく購入しているCanon eos mをベースにして話していきます。

 

ます、ズームレンズと単焦点レンズのメリット・デメリットについて

 

ズームレンズのメリット

 

焦点距離が片手一本で変えれる。

ズームレンズの一番のメリットが名前の通り、ズームが出来るところです。写真で撮る上で画角は重要です。自分自身が動かなくても被写体を大きく写せたり非常に便利です。

 

レンズ交換の手間が不要・レンズが一本で済む

単焦点レンズを複数持つユーザーなら誰もがわかると思いますが、レンズ交換はかなりめんどくさいです。またレンズ交換中にシャッターチャンスを逃す事も結構ありますが、ズームレンズはほとんどないです。

またある程度の焦点距離に対応してますのでレンズが一本で済みます!

旅行に出かける際にできるだけ荷物を軽い状態で行きたい場合レンズの本数も少なく行きたいですよね。

 

デメリット

写りが悪い

どうしてもズーム出来る様に作られてる為写りに関しては妥協してます。写りがモヤっとするとか感じたことがあると思います。またボケにくいです。

 

F値(開放)が高い

F値について詳しく書いた記事もありますので是非ご覧下さい

F値が高いとボケにくく暗いレンズなのでシャッタースピードも稼げません。

 

www.takukayo.info

 

 

F値が可変式

エントリーモデルのズームキットだとF値が可変式になります。

例え、15mmの時はF3.5ですが、45mmの時はF6.3まで高くなります。

なのでズームをしたらf値があがり暗くボケにくいレンズになります。

もちろん各メーカー毎にF値が分からないズームレンズを出してますが、基本高いです。

 

 

単焦点レンズのメリット

 

 

写りが良く明るい

 レンズがズーム出来ない代わりに画質のみを拘った設計をしているため、写りがよく抜け感も好きです。またF値が低いものが多くレンズキットに付属しているEF-M22mm F2 はF2でとても明るいレンズになります。暗い環境でもF値が低いレンズが発揮するでしょう。

 

ボケやすい

ミラーレス一眼や一眼レフカメラを購入したいポイントとしてボケボケの写真を撮りたいと思う方が多いと思います。私の友人でもカメラ買ったけどあまりボケないといわれたことがあります。どうしてもレンズキットのズームレンズだとボケにくいと思います。F値の低い単焦点レンズを使うと世界が変わります。

 

デメリット

ズーム出来ない分足で稼がないといけない

単焦点レンズは焦点距離が決まってるため被写体に対して自ら動いて構図を決めます。

あとどうしてももっと広角で撮りたいや望遠で撮りたいと思った時も撮ることができません。

 

焦点距離を変えたいときはレンズ交換が必要

焦点距離を変えるためにはレンズ交換しかありません。レンズ交換の手間が結構めんどくさいです。また交換するためセンサーにゴミや汚れが付きやすくなります。また交換用のレンズも持っていくため荷物が多くなります。

 

初めて単焦点レンズを買うならおすすめのレンズ

 

 

Canon EF 50mm f/1.8 STM Lens [並行輸入品]

Canon EF 50mm f/1.8 STM Lens [並行輸入品]

  • メディア: エレクトロニクス
 

 

 

 

 

 

主な3メーカーしか載せませんが、安く映り良い三本です。

50mmの焦点距離を使い構図を勉強するのが一番手っ取り早く覚えられると思います。

 

満足できなくてまた新しいレンズを買ってはまた買ったレンズ沼に入った証です。

ようこそこちらの世界へ

 

まとめ

 単焦点レンズを使うと世界が変わる

写真が上手くなったと錯覚する

今悩んでるなら買った方がいい

そしてレンズ沼へ

 

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
 ブログランキング・にほんブログ村へ

Xserver Business

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』