takukayoの写真展

二人の思い出と写真と動画編集のやり方を書くブログ

Osmo Pocket(オズモポケット)を撮影初心者一か月使ってみての感想

こんにちはtakuです。

DJIのOsmo Pocketを購入一か月使ってみての感想を話していきたいと思います。

 

結論から言いますとOsmo Pocket絶対買いです。

 

なぜ買いかメリット・デメリットも含め話していきます。

目次

 

DJI OsmoPocketについて

まず「Osmo Pocket」はジンバルが一体型のカメラで3軸スタビライザーを搭載し、1/2.3型のセンサーを搭載して4K60FPSの動画1200万画素の写真が撮れるカメラです。

 

 

 

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
 

 

飲食店経営の強い味方! 月額1,000円(税抜)で始めるホームページ

 

 

メリット.1 小さい、軽い 

まず、オズモポケットをみんな欲しくなる理由はこれだと思う。

サイズは片手で持てて重さも120グラムもないので撮影しててもまったく疲れませんでした。

おと、被写体(主に彼女)が言ってましたが、でかい一眼レフカメラとかで向けられたら撮られてる感がすごくて自然な表情が出来ませんでした。

オズモポケットは本当に小さいので取られてる感も少なく気軽に撮影できます。

 

メリット.2 初心者でもそれなりに撮れちゃう笑 

映像を綺麗に手振れなく残すには今までだとシンバルなどの敷居が高い(一般人目線)

等を使わないと綺麗には残せませんでした。

ですが、オズモポケットはジンバルとカメラが一体型なので手ブレが少ない綺麗な映像が撮れます。

オズモポケットを手にして三回目の撮影の映像です。

 

メリット.3 映像が綺麗

ある程度大きいセンサーサイズを使用してますので上の映像でも分かるようにこれで全然いいじゃんって思いました。

 これ以上こだわる人は、さらに大きいセンサーサイズ(フルサイズ等)のカメラにジンバルつけて撮影するしかないです。

 

メリット.4 起動から撮影までが早い

起動してから録画ボタン押して撮影するまでが早いです。

体感的には3秒も掛からないかと・・

小型なのでポケットに入れておいて撮りたい時にすぐ撮れる。写真や映像に携わってる人ならわかると思いますが本当に早いです。

 

 

もちろん使って不満だな使いづらいなって所もあったので話しておきます。

 

 

デメリット.1 ISO感度の許容範囲が400ぐらい

まだ一か月しか使用してませんが、室内で撮った際にノイズのはいりが、400までが許容範囲かなとおもいました。

私みたいなvlogしょ初心者は映像編集もスマホですしノイズ消す作業も分かりません笑

なのでオート設定で撮ってましたが、マニュアルで撮るようにしました。

 

デメリット.2 画面が小さく撮れた映像が確認しにくい&操作性が悪い

操作画面が小さく撮れた映像を確認しても分かりづらくスマホに移し見たときにピンボケになってたりノイズが思って以上に入ってたりしてました。

あと、画面が小さいので操作性が悪いです。

 

なのでコントローラーホイールを購入するか迷ってます。

コントローラーホイールでチルトを正確に制御できるダイヤル、異なる撮影モードに切り替えられるボタン、ジンバルを再センタリングするボタンが付いているので、撮影をより柔軟に行えます。

Osmo Pocket コントローラーホイール

 

デメリット.3 画角が若干狭い

他の記事でも見てたですが実際届いて自撮りをして撮ろうしても画角が若干狭くて風景と一緒に移せなかったり、映像にダイナミックさを感じにくいと思いました。

なので広角レンズを購入しほぼそれにつけっぱなしで使ってます。

 

 

まとめ

これからVlog撮影してみたい!!旅行先での映像をスマホよりきれいに残したいなどの人はおすすめの商品です。

 

人気ブログランキングへ


カメラランキング

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Xserver Business

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』